歩き方に注意して脚やせ

バナー

歩き方に注意して脚やせ

部分やせは難しいと言われていますが、特に脚やせは難易度が高いのです。

身体で一番動かしているのが腕と脚です。

脚は身体を支えている部位の為、身体に歪みがあると全て脚に負担がかかります。



腕よりも脚の方が太くなりやすくやせにくいのはこのせいです。
歪みのあるバランスが悪い身体を支えようと、筋肉や贅肉が余分についてしまうのです。
身体の歪みが発生しないよう、前後左右偏りなくまっすぐ立つという心がけはとても大切です。


脚やせの為の運動やマッサージ方法、骨盤ベルト、サポーターなどいろんな情報や商品がありますが、まず自分で出来ることは歩き方に注意することです。


歩くという動作は日常欠かせません。


正しい歩き方は脚やせストレッチになるのです。まず、多くの女性が太ももの内側の筋肉が付かず柔らかい贅肉がついています。
これは内筋が弱い為です。

脚やせの新しい情報です。

まっすぐ立って両膝が付かないのは内筋が弱い証拠です。歩く際、親指に重心をかけてしっかり地につき地を蹴るという意識が大切です。

小指側、つまり外側に重心がかかっているとどんどん内筋が弱くなり太ももやふくらはぎの外側ばかりに筋肉が付いてしまいます。


前から見ると外側に筋肉が張り出したように横幅の広い脚になってしまいます。

nanapiの詳細はこちらで簡単に調べられます。

立つときも両膝を引っ付けるようにして内筋を鍛えます。

このような心がけで、脚の外側の余計な筋肉が取れ、内側の柔らかい贅肉が取れてきます。
まっすぐのラインの脚となり長く見えます。